脱毛に必要な道具

脱毛に必要な道具について紹介します。これはどこで脱毛をするかによっても変わります。

まず自己処理で使う道具は、毛抜き、シェーバー、家庭用脱毛器、脱毛クリーム、脱毛ワックスなどです。今は家庭用脱毛器も性能が良くなっており、エステサロンとほぼ同じ効果が期待できるものも登場しています。自宅でできるから、予約を取る必要もなく、自分の都合のいい時に脱毛できます。

エステサロンでは光脱毛が主流です。カメラのフラッシュのような光を使うので、「フラッシュ脱毛」と呼ぶところもあります。メラニン色素だけに反応する特殊な光だから、肌や毛穴には負担をかけません。

医療機関で行う医療脱毛は、医療用レーザーを使います。メラニン色素に作用するというところは共通していますが、エステの光脱毛よりも威力が強く、エステサロンの光脱毛では叶わない、永久脱毛効果が期待できます。ただし威力が強い分、肌が弱い人は強い刺激や痛みを感じる事があります。高い効果が期待できる分、費用は少し高めです。

このように脱毛する場所によっても、脱毛方法は違いますし、効果なども変わってきます。脱毛料金の相場や、脱毛効果、痛み、回数、毛穴や肌への負担などもそれぞれに違ってきます。インターネットでは脱毛について比較しているサイトもあるので参考にしてみてはいかがでしょうか。

参考-脱毛料金相場情報サイト《1番得する脱毛入門》

脱毛はどこでする?

脱毛をする時に、どこで施術や処理をするかについて見ていきましょう。エステサロン、医療機関、自宅とそれぞれにメリットもあれば、デメリットもあります。それぞれのメリットとデメリットも見てみましょう。

エステサロンは駅チカのところも多く、大手サロンでは全国に店舗を展開しているので、殆どの地域で脱毛ができます。サロンによる違いもありますが、転勤や引越で元の店舗に通えない時は、引越し先にある店舗で脱毛の続きをする事もできます。エステサロンの脱毛は、光脱毛が主流です。肌に優しい光を使い毛根を萎縮させ、ムダ毛を処理します。ただし永久脱毛の効果はなく、時間が経てば再び毛は生えてきます。

医療機関で行う脱毛は医療脱毛といって、医療用レーザーを使います。医療行為となるので、医療機関以外では施術ができません。原則医師免許を持った医師が施術を行う事、医療行為となるため高い脱毛効果が期待できますが、若干刺激が強めで、費用も保険は使えないので高めです。

自己処理は自宅で手軽にできる脱毛法です。手軽な分費用もお手頃ですが、肌にかかる負担、毛穴にかかる負担は大きくなり、肌トラブルなども起きやすくなってしまいます。衛生面に注意する事が大切です。

脱毛方法の種類

脱毛方法にはいくつかの種類があります。どの方法で処理するかによって、仕上がりや効果は変わってきます。脱毛方法の種類を紹介します。

エステサロンで使われる「光脱毛」は、カメラのフラッシュのような光を使います。直接肌に照射しますが、毛に含まれるメラニン色素にだけ反応するようになっているので、肌に照射しても肌には作用せず、毛根にあるメラニン色素に反応します。

エステサロンでは光脱毛の他に、ニードル脱毛という方法もあります。毛穴に極細の針を刺し、微弱電流を流すというやや強引な方法ですが、永久脱毛効果が期待できます。

サロンと名が付くところでは、ワックス脱毛の専門店もあります。水飴のようなワックスを塗布して、専用のシートを貼り一気に剥がす事で脱毛するものです。古い角質も除去できるので、肌がスベスベになります。

もうひとつの方法としては、皮膚科や美容クリニックで行う、医療脱毛があります。医療機関でのみ行われる脱毛法で、医療用レーザーを使うので、エステサロンよりは高い脱毛効果が期待できます。これ以外では自宅で行う、自己処理という方法があります。毛抜き、シェーバー、家庭用脱毛器などを使い、自宅で手軽にできる脱毛法です。

脱毛とはどういう事か

脱毛はさまざまな方法でムダ毛を除去する事です。脱毛方法にもいくつかの種類がありますが、ムダ毛をなくす事で、見た目が良くなり、肌もキレイに見えます。脱毛の仕組みはエステサロン、クリニック、自己処理など方法によっても異なります。

エステサロンの場合はカメラのフラッシュのような光を使う方法が主流で、クリニックは医療用レーザーを使います。自己処理は最も手軽で、費用もほとんどかかりません。主に毛抜きやシェーバー、ワックスや脱毛クリームなどを使い自宅で行います。

毛を抜くのが脱毛と言うイメージがありますが、無理に引き抜くか、何らかの機械を使い自然に抜けていくのを待つかという違いもあります。ムダ毛と言われる毛でも、元々は意味があって生えているわけですから、無理やり引き抜けば、毛穴は肌に負担をかけます。

自己処理では費用をかけずに脱毛できますが、その分毛穴や肌にかかる負担はどうしても大きくなってしまいます。エステサロンやクリニックは、自己処理よりも高い費用がかかりますが、専用の機械を使いますので、その分毛穴や肌への負担は大幅に軽減できます。

自己処理でもいくつか選択肢はありますので、やり方や使う器具を選べば、毛穴や肌にかける負担を最小限に抑える事はできます。脱毛はどの方法で行うかによって、脱毛効果や処理後の状態も変わってきますので、自分にとって最適な方法を選ぶ事も大切です。ムダ毛を処理する事で、メリットもありますが、デメリットになるところもあります。